skyview here

ドローンで広がる無限の映像表現

scroll

ドローンによる空撮を利用する業界として一般的に思い浮かぶのは、弊社が行っているドローン空撮のような映像データの提供となり、テレビや新聞をはじめとするマスメディア業界ではないでしょうか。

実際にテレビや新聞などでは、ドローンを利用した映像や写真を頻繁に見ることができます。

しかし、世界的なコンサルティンググループのPwCが発表したレポートによると、ドローン全体の市場規模約1,270億ドルのうちマスメディア業界におけるドローンの利用は約88億ドルであり、ドローン全体の市場規模からするとそれほど多くありません。

それでは現在、ドローンの市場規模が一番大きいのはどの業界なのかといえば、それは建設業などのインフラ業界です。そして、インフラ業界におけるドローンの市場規模は452億ドルと全体の1/3以上を占めています。

 

さて、インフラ業界におけるドローンの空撮ですが、その例として次のようなものを挙げることができます。

まず1つ目は、ビルや処理場など構造物を作る段階における定点観測としての空撮。

次に、橋やダムなど既に出来上がっている構造物に対して異常を確認するための空撮。

最後に、大雨や地震等の災害時に被災状況を確認するための空撮です。

これらのうち2つ目と3つ目については、従来は人が直接見て確認していたため、橋やダムなど高所にあったり、災害現場では二次災害の可能性があることから危険性が高く、費用も高くなっていました。

そのため、安全で安価な方法としてドローンが注目され、国土交通省などで活用され始めています。

また、ドローンは新しい技術のため、今後も上に示した3つの例以外に様々な活用法が考え出されることが予想されます。そのため、インフラ業界におけるドローンの活用は今後ますます増えていくのではないでしょうか。

 

弊社でも空撮だけでなく、今後は建設業界などでの活用を視野に入れた事業展開を進めていきたいと考えています。

最近TVを見ていると、空撮動画が随分多くなっていることに気付かされます。

一昔前ならヘリコプターからの映像でしたが、今ではドローンを使った撮影がかなり広まっています。これはドローンの性能(滞空時間と可搬重量とコントロール性)が飛躍的アップした結果、実用に耐える動画撮影が可能になったからでしょう。

ネイチャー系や世界遺産系の番組ではこれでもかと言うくらいドローン空撮によるパノラマ映像が使われていたりします。

私たちの身の回りでも、ホビーショップを始め、町のおもちゃ屋さんや、大型のショッピングモールなんかでもドローンが販売されていますし、本当に安い子供のおもちゃから、大人のお小遣いなら何とかなるレベルのものまで、手に届く価格でも選択の範囲が非常に広がっています。

そして、ただの興味本位から、自分のマイホームの空撮映像を撮りたい、自分たちの趣味スポーツをかっこよく撮影したいなど様々なニーズでドローン空撮に手を出したりします。

しかし、現実はそれほど甘くないんです。やはりテレビなどで見られる綺麗で安定した画像はプロユースの機材だから撮影できるんです。では、なぜプロの様な動画が撮れないんでしょうか?

 

ドローンがちがう!
プロユースのドローンは、中、大型の機種を使用しています。姿勢制御の性能も高いのですが、そもそも重いドローンは風の影響も受けにくいののです。日本のドローンはサイズによる規制を受けている事もあり、ホビー用途のドローンは非常に軽く、わずかな風にも簡単に流されてしまいます。よって撮影できる動画もふらふらしています。

弊社のドローン空撮では「ドローン業界のApple」と言われているDJI社のドローンを採用しています。

 

カメラが違う!
プロユースのドローンは搭載されているカメラが違います。最低でもGoProレベル。多くはさらに高性能なカメラです。画素数だけではなく、一秒間に何コマ撮影しているかを示すフレームレートも良いですし、レンズも明るくて歪の少ないレンズを採用しています。

また、手振れ補正機能(正確には手振れではくジンバルという揺れを軽減させる構造)も高機能なものでないと、すべるように空を飛びながら撮影する独特の映像美は出せません。

 

ドローンに搭載されているの広角レンズ
ドローンに搭載されているのは、広角レンズと言う広い範囲を撮影できるレンズです。そもそも空撮では高い所から広範囲をみおろすニーズが多い為、望遠レンズなどで、撮影するいわゆる寄りの画像は撮れません。

上空から地上を撮影しても、あなたやあなたが撮りたいお子さんの姿は、ゴマ粒の様にしか映らないかもしれません。

あなたがどのような画像をイメージしているのか、良く考えて、それがドローンのレンズで取れるものなのか調べてみましょう。カメラの入門サイトなどで広角レンズの特徴について調べてみるのも良いかもしれません。

 

まとめ
ドローン空撮はとても魅力的な楽しみです。しかし、ここまでお話ししたようなむずかしさが有る事も事実です。

また、ドローン自体、墜落して破損したり、無くしてしまったり、場合によっては人を傷つけたりするリスクもあります。

カメラに興味を持って買ったはいいけど、理想通りの写真が取れなくて諦めてしまう人も多いですが、これよりももっとハイリスクな趣味であることを意識しておきましょう。

撮影場所:ワイキキ
フォーマット:動画

撮影場所:山中湖
フォーマット:動画

ドローンの使い方といえば主に空撮やレースなどが有名ですが、
今回は「ドローンそのものを見て楽しむ」というちょっと変わったドローンの使い方をご紹介します。

まずはこちら

https://youtu.be/NngqCk1zxkI
空間そのものを表現の場に変えるサービス「Sky Magic」
デジタルのドローンとアナログの三味線のコラボレーション

 

こちらはドローンとダンスのコラボレーション
アメリカのオーディション番組に日本人チームが出演しています。
GPSを使わずに緻密に制御できているのがすごいですね。

https://youtu.be/N2g32H6_EYM

 

最後はこちら

https://youtu.be/aOd4-T_p5fA
あのIntelが500機ものドローンを使用。
この機体の数は夜空に絵がかけるレベルですね。
オリンピックの開会式や閉会式にも使われるかも?

いま人気急上昇中の邦ロックバンド「sumika」

1枚1円?それとも10,000円!?「購入者が値段を決めるCD」を発売するなど、楽曲の良さだけでなく、新しくておもしろい取り組みをしているバンドです。
ミュージックビデオにもやはりドローンの空撮映像を取り入れてますね。

sumika / 春風【Music Video 】
風視点とも言えるようなドローン空撮映像。
ドローン映像は00:56や01:41あたりから
https://youtu.be/VZLEOcYpCng

sumika / MAGIC【Music Video】
100人のエキストラが参加したミュージックビデオ。
上空からの空撮で大人数の迫力をしっかり表現できてますね。
ドローン映像は03:03あたりから
https://youtu.be/o7Kfi6PuHfo

ゴルフ場空撮プランの取り扱いを開始しました。

現状、ゴルフ場選びの際には、コースマップと口コミ等でしか判断できず、
プレーするイメージがいまいち掴めていないというのが現状かと思います。

複数のゴルフ場で迷っている状態で、空撮動画があればかなり大きなポイント!
ボール目線の奇跡を撮影した動画であれば、簡単に「コースでプレイしている気分」を味わってもらうことができ、より具体的なイメージが高まります。

新規プレイヤーだけでなく、リピートプレイヤーにも効果的です。
コース映像を見て、次回の戦略を練ったり、ラウンド途中にコースの詳細を確認することもできちゃいます。

なお、通常の空撮プランですと、日程変更・キャンセル等が可能なのは基本的に荒天時のみですが、
ゴルフ場空撮プランは曇天時も日程変更・キャンセルを無料で対応させていただきます。
ゴルフ場の映像は曇っていてはまったく映えませんからね。。

 

現在、先着10社様限定でゴルフ場空撮プラン開始記念キャンペーンを実施中です。

先着10社様限定!
1ホール15,000円→10,000円

18ホールパック270,000円→150,000円(撮影日数2日予定)

その他、ご質問やご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ドローン空撮ゴルフ場空撮動画撮影プラン

海洋散骨を行っている企業様向けに東京湾、横浜港にてドローン空撮をした動画を公開いたしました。

専用船のデッキより海洋上にて空撮を行ないました。

https://drone-film.jp/case/2017/06/29/131/

撮影場所:東京湾、横浜港
フォーマット:動画

撮影場所:湘南葉山
フォーマット:動画